フラワーレメディ療法

フラワーレメディ療法

季節や自然、風景等を楽しめるようになる。状況や個人に合ったレメディを選ぶ手助けをしてくれる、頼れる存在です。フラワーレメディとアロマテラピー、どちらも原料は同じ、自然の植物を使っています。特別なことはないのに、元気がない、食欲がない、暗く落ち込んでいる、といったときには、"マスタード"が効果が有ります。落ち込んでシュンとなっているペットには、ゲンチアナが効果的です。バッチ博士が1936年に開発したこの方法は、今まで多くの人に守られて続いてきました。

7つのカテゴリーの一つ、"他人のことを気にしすぎる"感情に効果のあるレメディを見ていくことにしましょう。現在でも有名な療法の一つである"ホメオパシー"と出会います。さらなるレメディを研究するため、ロンドンで得た地位や名誉といったものを全て捨て、ウェルズに向かいます。

普段の少しの変化を見つけてあげる事が大切です。

直観力に優れた優しい少年でした。という方が増え、"プラクティショナー"の人気も高まっています。管理が徹底されているのです。人間の否定的な感情を元に、レメディを7つに分類しています。

自然素材だけで作られているレメディは、他のものに混ぜても効果は変わらず、安全性も変わりません。いたずらも大好き。

縮毛矯正とストレートパーマ
マタニティママの運動
にきびケアとレーザー治療
骨盤ダイエットの基礎知識
経済的なおからダイエット