フラワーレメディ診断

フラワーレメディ診断

世界の60カ国以上の国々です。副作用の心配がありません。イギリスの医師、エドワードバッチ博士によって開発された"フラワーレメディ"には、7つのカテゴリーが有ります。自分のペースです。ペットや小さなお子様が誤って飲んでしまっても大丈夫。1936年にイギリスのバッチ博士が開発し、世界中に広まり、日本でも徐々に広まってきました。

20種類が"太陽法"18種類が"煮沸法"で作られるのです。食事のときや寝る前、ちょっと休憩などのとき、常にとる事が出来ます。という方が増え、"プラクティショナー"の人気も高まっています。ヤケドや虫さされまで使えて、これ一本でお肌のあらゆる症状に対応出来ます。

意識を取り戻そうと体が働くようになります。細かいことにこだわっていた自分から解放される手助けをしてくれます。

飲む以外でも使い方は沢山有ります。

自分に合ったものを選び、じっくりと治していきましょう。高すぎる自尊心でカチカチになった心を柔らかくし、人間関係を楽しいものに変えていく事ができるようになるレメディです。清流の水を張ったボールに花を浮かべて太陽光に当てる方法です。

コーヒー&豆乳ダイエット
ボヘミアンスタイルのワンピース
失恋や別れからの成長と学び
色々な豆乳 無調整豆乳
肌の汚れ