フラワーレメディ選び方

フラワーレメディ選び方

根本的な問題から病を治していく"バッチフラワーレメディ"。

バッチ博士の意志と、素晴らしい効果はこれから日本でも多く使われていくことでしょう。自分で選ぶのもまた楽しみの一つです。

バッチ氏は、自分の命よりも医学への情熱をとり、3ヶ月間、医学研究に身を捧げました。"ファイブフラワー""エマージェンシー"など、他の名前も有ります。レメディが働きかけるのは"心"。

発祥はイギリスです。受験の前で緊張しているときなど、感情によって効果的なものを1〜2種類服用します。誰もが持っている"淋しさ孤独"という感情に効果のあるレメディをご紹介します。学校を卒業したバッチ氏は医学の道に進む決意をします。

7つのカテゴリーの一つ、"恐れと不安"の感情に効果のあるレメディを見ていきましょう。花の力を余すことなく取り出す事が出来ます。清流の水を張ったボールに花を浮かべて太陽光に当てる方法です。直ぐに治したい症状をお持ちのかたは、病院に行かれた方が良いかもしれません。フラワーレメディはビンに入っていて、ビンに関しているスポイトを使って直接口に入れます。肌に塗る"レスキュークリーム"という物も有ります。

豆乳ココアのポリフェノールパワー
ビタミンAと皮膚 目 ガンの関係
ほくろ良性とメラノーマ悪性
新婚旅行 カンクン
レーザー脱毛と電気針脱毛